おんが病院は、遠賀・中間地域の急性期病院として地元の医療機関と手を携え皆様の健康を守ります。

  • 地図と交通手段
  • お問い合わせ
  • 093-281-2810
  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝祭日

  • 受付時間

    月~金 8:30~11:30

ごあいさつ

おんが病院・おかがき病院 統括院長 杉町 圭蔵

新年のご挨拶

2015年01月

 謹んで新春のお喜びを申し上げます。
 昨年は、多くの患者さんに病院を利用して頂き、職員にとりまして大変充実した1年でしたが、今年も新たな気持ちで地域の皆様方のお役に立ちたいと存じています。
 さて、平成17年に遠賀・中間医師会は福岡県から福岡県立遠賀病院の移譲を受け、急性期から慢性期までカバーするために、急性期の「おんが病院」と慢性期の「おかがき病院」に分離して、安心して住んで頂ける地域作りに貢献してまいりましたが、今年で創立10周年となります。私が目指している病院は、1経営的に安定し、新しい医療に取り組む病院2患者さんに信頼され、頼りにして頂ける病院3働いて頂いている従業員に喜んでもらえる病院4地域社会に貢献できる病院などであります。このような理想的な病院に一歩でも近づくために「完璧を期するよりも、まずは始めよう!」という精神で今年も患者さんのためになる改革を進めますのでどうか宜しくお願いいたします。
 昨年末に、公募財政支援制度補助金による「在宅医療支援センタ」構想がおんが病院に認められて、非常に遅れている遠賀・中間地区の在宅医療に明かりが灯ることになりました。この在宅医療支援センターでは、住民がいつでも安心して相談できる《相談コナー》を常設し、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・看取りなどを利用して頂ける患者さんを国の政策に歩調を合わせて、現在の約3倍(訪問看護:6人/お年寄り1000人、看取り:死亡者数の10%)を目標に増やします。さらに、在宅医療支援センターには、サテライトを有する訪問看護ステーション、住民の相談窓口、訪問看護に携わる職員の教育、潜在看護師の掘り起し、ケアマネージャーの活動拠点、住民への啓蒙活動、健診、ボランティア活動の拠点など幅広い機能を持たせます。
 おんが病院は、これまで「地域医療支援病院」として、地域の医療を支えてまいりましたが、昨年12月には「在宅療養支援病院」にも認定されましたので、今年から、これまで以上に訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・服薬指導・栄養指導・看取りなどにも医師会会員と力を合わせてやっていきますので、どうか住民の皆様方のご支援をよろしくお願い致します。

過去のごあいさつ

一般社団法人 遠賀中間医師会 会長 津田 文史朗
TOP