おんが病院は、遠賀・中間地域の急性期病院として地元の医療機関と手を携え皆様の健康を守ります。

  • 地図と交通手段
  • お問い合わせ
  • 093-281-2810
  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝祭日

  • 受付時間

    月~金 8:30~11:30

新着情報

その他2019/01/27

各診療科・部門から~薬剤部~


 当院の薬剤師は、院内で患者さんが薬剤を服用したり注射薬を実施するときに、調剤・調製します。薬局内にとどまらずチーム医療でも活動しています。入院患者さんのNST(栄養サポートチ-ム)や褥瘡回診に同行し、薬学的視点から提案します。飲み薬であれば錠剤や散剤もしくはとろみ等での液剤で患者さんの服用状況に合わせます。褥瘡では使用する体部の肌触りや刺激性の有無に応じた外用薬の剤質と剤形を提案します。これまでも糖尿病教室では院内外の患者さんを対象に薬物療法を担当していますが、4月以降からは心不全教室の開始も予定されており、薬剤師が薬物療法を担っていきます。
 薬剤師は患者さんの処方せんに記載してあるいくつかの検査値から、現在の状態(特に腎機能や肝機能)を判断、適正投与量・投与法を調剤前段階で提案し、医療安全に貢献しています。
薬剤部の業務は多岐にわたり①注射薬・内用外用薬の調剤②注射薬抗がん剤の調製③医薬品情報業務④薬剤管理指導⑤病棟薬剤業務⑥治験管理業務⑦糖尿病や心不全の薬物療法⑧退院時共同指導カンファレンス⑨院外薬局による在宅薬剤管理指導への橋渡しなどです。
 現在、薬剤師7人、助手4人のスタッフで業務に取り組んでいます。今後はポリファーマシー(多剤併用)の減薬促進や、フォーミュラリー(エビデンスと経済性に基づいた薬剤選択)を地域の医療機関と提携しながら医療費削減にも取り組んでいきます。

【実績】
  
2018年学会報告および研修会発表
   
TOP