おんが病院は、遠賀・中間地域の急性期病院として地元の医療機関と手を携え皆様の健康を守ります。

  • 地図と交通手段
  • お問い合わせ
  • 093-281-2810
  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝祭日

  • 受付時間

    月~金 8:30~11:30

新着情報

その他2019/03/25

各診療科・部門から~検査科~


 2018年12月1日より検体検査の精度確保に関する改正省令が施行され、医療機関が自ら実施する検体検査について、品質・精度管理に係る基準を定めるための根拠規定が新設されました。当検査科も日常業務に加え各種の作業書の作成とその内容の実践を記録する台帳、日誌類などの整備に手探り状態ですが取り組んでおります。
今回医療法改正になった経緯は御存じの方も多くいらっしゃると思われますが
国家戦略である「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」の中で
ゲノム医療の実用化に向けた体制整備が進められているなか安全で適切な医療提供の推進の為、遺伝子関連・染色体検査を含む検体検査の精度の確保を目的としたもので自ら検体検査を行うすべての医療機関に適応となっています。
 先日参加した研修会の中で法改正の心すべきポイントとして
①検体検査の精度確保:検体検査室→病院全体へ拡大
②改正省令に基づき適切な委託先の確保、調整→院内情報管理も必要
③遺伝子関連検査の精度確保:業務経験と資質に裏付けされた力量が必要
④水準を世界標準に近づける第一歩:今後の見直しに備える必要
があげられておりました。
また今回の改正は全ての医療機関に対して漏れがないように作ったとも伺っています。今後はそれぞれの施設の規模に応じてさらに細かい改正が行われると思われます。私たちは医師会の先生方からご紹介を受け検査を行う事も日々ございますので先生方が安心してご評価いただける検査を提供することが必須と思っております。これからも質の担保にさらに取り組んでいきたいと思っております。
また、医師会の先生方でもしこれからSOP等作成を行う予定がございましたら是非
https://jmamdc.med.or.jp/guidance/kensa(日本医師会HPより)
こちらのホームページにアクセスをして頂きますとひな形が全て出来上がっております。
厚労省のお墨付きと伺っております。ぜひご活用ください。
 
TOP